映画化されたクラシックの作曲家たち

クラシック音楽は、耳で楽しむものだと思っていませんか?もちろんコンサートに足を運んで聴くのもいいですし、CDで聴くのもいいですよね。では、次は目で楽しんでみるのはいかがでしょうか。

実はクラシックを題材にした映画が、世界中でたくさん作られています。日本には歴史に名を残しているクラシック作曲家が少ないので、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、ヨーロッパを中心に、たくさんのクラシック作曲家たちの人生が映画化され、代表曲とともにスクリーンで蘇っているのです。

そこでこの記事では、映画化されたクラシック作曲家たちと、その作品を紹介します。みなさんも、一度は名前や曲を聞いたことがある作曲家たちばかりですよ。ぜひ最後までお読みください。

映画化されたクラシックの作曲家たち

今回紹介する作品と作曲家たちは下記の3人。

・アマデウス(モーツァルト)
・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(パガニーニ)
・不滅の恋(ベートーヴェン)

1つずつ作品と作曲家、代表曲を紹介します。

アマデウス(モーツァルト)